臨床諸検査ご案内

当院について

内視鏡検査室から

当院では患者様に安全で苦痛が少なく精度の高い検査を受けていただける様、日頃より最大限の努力をしております。意識下鎮静といわれる軽い安定剤を使用し、よりリラックスした状態で検査をおこないます。

内視鏡検査とは

日本人に一番多い消化器がんの診断が可能です。
完治できる早期の食道がん、胃がんなどはバリウム検査ではまず見つかりません。
内視鏡検査はしんどい検査とのイメージが一般的ですが、当院はオリンパス製で一番細い先端部が 5.0mmのカメラを常時使っています。また、どうしても苦痛の強い方には鼻腔内視鏡での検査も可能です。お気軽にご相談下さい。
大腸カメラは患者様の苦痛を軽減する最新の硬度可変式カメラを導入しています。

検査の目的

 胃潰瘍
粘膜が障害され、陥凹している。
  (白く見える部分)

大腸ポリープ
粘膜が唾瘤状に隆起している。 切除を行い前癌病変であった。

食道の早期がんや小さな胃がんなどバリウム検査ではまず発見できない病変を診断することにより、開腹しない内視鏡手術での完治が可能となります。また、近年食文化の欧米化により著明に増えている大腸がんや大腸ポリープを診断しその場で切除治療を行います。(サイズの大きいものや進行したものは別の治療となります。)
炎症性腸疾患の診断にも有効です。

ページの先頭に戻る