臨床諸検査ご案内

臨床諸検査ご案内について

当院では、がんの早期発見のため、随時諸検査が可能です。
健康診断・人間ドックなども随時実施可能です。

日本人の病死の最大の原因はがんです。

がんのうち、多いのは肺がん・大腸がん・胃がんです。(最近は乳がんも増えています。)
がんは早期発見が大切!早期発見できればほとんど治癒できます。

食道・胃・大腸の検査は内視鏡検査をおすすめします。    
肺がん検査は早期発見のためCT検査をお受けください。    
前立腺がんの検査は画像検査に加え血液検査でPSA(腫瘍マーカー)を、乳がん検査はマンモグラフィーと乳腺超音波(エコー)併用検査をお受けください。

当院では、がんの早期発見のため、下記の検査を随時施行しております。

  • 内視鏡検査(食道・胃・大腸)………… 食道がん・胃がん・大腸がんの検査
  • CT撮影検査(胸部・腹部・頭部) …… 肺がんなどの検査
  • マンモグラフィ(乳房X線検査) ……… 乳がんの検査
  • 腹部超音波検査(腹部エコー検査) … 肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓等のがんの検査
  • 血液検査(アミノインデックス) ……… 胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん、子宮がん、
                           卵巣がんのリスクスクリーニング検査
  • 当院は、乳がん検診精度管理中央委員会施設画像評価委員会認定乳がん検診施設です。
  • *マンモグラフィをはじめ各種検査は自覚症状等がない場合、保険適用外で自費となります
    *アミノインデックスは保険適用外で自費となります

がん検診について

がんで死なないためのがん検診

がんは日本人の病死の最大の原因です。しかし、治せないがんを発見するのではなく、
治せる早期のがんを発見するのが本当のがん検診です。

食道がん

50歳以上の方は内視鏡検査を受けてください。

内視鏡検査とは?
肺がん

45歳以上の方はCT検査を受けてください。

CT検査とは?
胃がん・大腸がん

内視鏡検査を第一にお受けください。
特に早期がんはレントゲンでは発見困難な場合があります。内視鏡検査とは?

前立腺がん

50歳以上の方は骨盤超音波検査及び血液検査(腫瘍マーカー)をお受けください。
簡単で有用な検査です。

その他

早期発見の困難ながん
膵臓がん、胃がんの硬性がん(悪性度の強い胃がん)など。これらのがんの早期診断・治療は難しく、しかも進行しても自覚症状の全くない場合が多く進行してから診断されることの多いがんです。

ページの先頭に戻る