臨床諸検査ご案内

超音波(エコー)検査

超音波(エコー)検査

高周波の超音波を利用して、臓器から返ってくるエコー(反射波)を受信し、画像化して臓器の状態を観察、診断するのが超音波検査です。
放射線被ばくの心配もなく、最も安全で手軽な、有用な検査です。痛みもありません。

  • ベッドに仰向け/横向けの状態で検査します。
  • 検査部位にゼリーを塗り超音波発信器をおしあて、モニターテレビに臓器の画像を映し出して検査します。

検査時間は15分程度です。

検査の目的

頸動脈エコー
動脈硬化や脳梗塞のリスク判定ができます。

肝臓エコー
肝がんや肝脂肪の診断に役立ちます。

乳腺エコー
乳がんや乳腺症の診断に役立ちます。


心臓超音波検査

心臓の動き(心機能)、心臓の大きさ(心拡大や心肥大の有無)、弁の逆流や狭窄などを観察します。
この検査により、心臓弁膜症、心筋症、狭心症、心筋梗塞、先天性心疾患、心膜炎などの診断が可能となります。

腹部超音波検査

腹部の病気の診断、腹腔内の腹水や出血の診断をします。肝硬変、胆石症、胆嚢炎、胆嚢・胆管がん、膵炎・膵がん、水腎症、腎がん、卵巣膿腫、卵巣がん、子宮筋腫、腹水、大動脈瘤、前立腺肥大などの診断が可能となります。

乳房超音波検査(乳腺エコー検査)

乳房にプローブ(探触子)をあて、乳腺を解析・画像化し、モニターでしこりの形状や石灰化、腫瘍の有無などを確認します。乳がん、乳腺線維線種、乳腺炎、乳腺症の診断が可能となります。

ページの先頭に戻る