臨床諸検査ご案内

大腸CT検査(バーチャル大腸内視鏡検査)

大腸CT検査(バーチャル大腸内視鏡検査)とは

内視鏡を挿入しない大腸検査です。 お尻から炭酸ガスを注入して大腸を膨らませ、新型のマルチスライスCTで大腸を撮影し、コンピュータ画像処理によって大腸の立体画像を作成して診断する方法です。 お腹がはっているような感じはありますが、痛みはほとんどありません。 撮影台に約15分程度横になり検査します。

検査の目的

大腸の腫瘍性病変などを調べます。 大腸内視鏡の挿入が困難な方でも検査が可能です。

長 所 短 所
  • ・短時間(約15分程度)の検査である
  • ・内視鏡と比較して苦痛が少ない
  • ・大腸内視鏡の挿入が困難な方でも検査が容易である
  • ・他の大腸検査で問題となる合併症が極めて稀である
  • ・立体的に観察できるため、内視鏡で見つけにくいひだの裏側の病変を見つけられる場合がある
  • ・大腸以外の臓器の病変も見つけることができる場合がある
  • ・内視鏡と違い病変の色調や固さの情報が得られない
  • ・細胞、組織検査及び治療ができない
  • ・医療被ばく(最低限で安全な被ばく)がある
  •   (妊娠中の方は検査できません)
  • ・平坦な病変や5mm以下のポリープ様病変は内視鏡と比較して発見しにくい

*ペースメーカーを使用中の方は必ず前もってお申し出ください。

ページの先頭に戻る